「私が悪かったんです、、、」 ~「私」を規定するもの〜

数日春のような暖かな日々が続いています。

日が長くなるだけで、暖かくなるだけで、天気がいいだけで、私は幸せな気持ちになります。

冬の間ずっと晴天が続く太平洋側に住んでいたこともありますが、

この幸せは、灰色の冬がある日本海側に住んでいるからこそ感じられるものなのでしょうね。

 

~「私が悪かったんです、、、」~

お子さんの不登校に悩まれている親御さんのお話を伺っていると、

「私が悪かったんです、、、」

とご自身を責めておられる方が多いです。

しかし親御さんがご自身を責めて辛そうにしているその姿を見て、お子さんは、

「自分のせいで、、、」

と自身を責め、状況はさらに悪化してしまう場合もあります。

自分を省みる視点を持つことは決して楽なことではありません。

どうしても自分自身の至らなさに目が行きやすく、

「なんであんなことしかできなかったのか」

という気持ちになることが多いからです。

それでもお子さんのためにその視点からご自身を省みる親御さんの姿に、

私は強さを感じるとともに尊敬の念を抱くことさえあります。

しかし、「私が悪かった、、、」という時の「私」とは、

私が私の意志で、私の独力で作り上げてきたものなのでしょうか?

 

~「私は、私と私の環境である」~

先日読んだ本の中に、スペインの哲学者である、オルテガ・イ・ガセットの言葉が載っていました。

「私は、私と私の環境である」とオルテガは言います。

「私」とは、私たちが自分自身の意志のみで作り上げてきたものでしょうか?

私たちは私たちの身に起きるありとあらゆる出来事を、

自分自身で選び取って生きてきたのでしょうか?

科学技術が発達し人間に不可能なことなど無いと万能幻想が肥大化した現代では、

自分の人生に起きるありとあらゆることは自己決定できるなどと勘違いしてしまいがちですが、

それは違います。

例えば、生まれた時代、生まれた国、生まれた家、天災、病気、事故、戦争。

「私」という存在は、私が自己決定することが出来ない、さまざまな要素によって規定されているのです。

自分を取り巻く環境から完全に独立した「私」などというものはあり得ないということです。

それが、「私は、私と私の環境である」という言葉の意味です。

親御さんが「私が悪かった、、、」と仰るときの「私」も私と私の環境が作り上げてきたもの。

そうであるならば、今自分を取り巻く状況の原因を「私」にのみ求めることなど出来るのでしょうか?

 

「私」であることを決めてきたのは、私の意志もあるでしょうが、

私は「私」を取り巻く「環境」の方が、大きな影響力を持つように感じます。

今の「私」を考える際に、私の環境を抜きに語ることはできません。

次回は子どもたちを取り巻く「環境」について考えてみたいと思います。

続きます。

家庭教師のお申込み、お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

「私が悪かったんです、、、」 ~「私」を規定するもの〜” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。