聴くということ 〜映画「あん」に思う〜

先日亡くなられた樹木希林さんの映画「あん」を観ました。

映画「あん」

優しい映画で本当に感動しました。

映画を観ながら、茨木のり子さんの詩が頭に浮かびました。

======================

聴く力 茨木のり子

ひとのこころの湖水

その深浅に

立ちどまり耳澄ます

ということがない

風の音に驚いたり

鳥の声に惚けたり

ひとり耳そばだてる

そんなしぐさからも遠ざかるばかり

小鳥の会話がわかったせいで

古い樹木の難儀を救い

きれいな娘の病気まで直した民話

「聞耳頭巾」を持っていた うからやから

その末裔は我がことのみに無我夢中

舌ばかりほの赤くくるくると空転し

どう言いくるめようか

どう圧倒しようか

だが

どうして言葉たり得よう

他のものを じっと

受けとめる力がなければ

======================

普段の自分のことですね。

声なきものの声に静かに耳を傾ける。

「聴く」というのはそういうことなんだなぁ。

聴くことの難しさと大切さについて気づかされました。

全国各地の映画館でも再上映されるようですね。

新潟市ではこちらで上映するようです。

樹木希林さん特集上映

機会があったらぜひ御覧になってください。

お問合せはこちらからどうぞ。

271845b801882924a5f59f5a2cfc2738_s