自立とは何か? ~自立と孤立~

教育や子育ての目的とは何でしょうか?

私の考える目的は、子どもを自立させることです。

私以外にもそのように考える方が多いのではないでしょうか?

たびたび用いられるこの「自立」という言葉ですが、それは具体的にどのような状態をいうのでしょうか?

お子さんを自立させようと、小さな頃から身の回りのことを自分でやらせる、学校の勉強も部活動も頑張らせる、

そういう接し方をされている親御さんも多いと思います。

親からの要求に応えようと、子どもは身の回りのことも、学校の勉強も、部活も一生懸命こなす。

周りからみれば、本当に非のうちどころない「良い子」です。

だけど、そういう「良い子」が、心の中に不安を抱え、寂しさを抱え、ある日心がポキッと折れて動けなくなる。

私はそのような事例がとても多いと感じています。

ここで用いられている自立の意味を言葉にすると、「自分のことは自分で何でもできるようになること」だと思います。

だけど、「自分のことは自分で何でもできるようになること」を目指した結果、

心が折れて動けなくなって、周囲との関係性を持てず、自分の殻に閉じこもってしまったのなら、

それは自立ではなく、孤立というのではないでしょうか?

「自分のことは自分で何でもできるようになること」が自立ではなく孤立であるとしたら、

自立とは一体何なのでしょうか?

続きます。

お問合せはこちらからどうぞ。

c81cfb1aac4dc8dc519986845ad4907c_s